日々。

春来たり

桜の花弁が舞い降りて

季節の到来を彩る最中

私は考える

如何にして在るべきかと

 

 

先日休学届けを出してきた

連続で休学できるのは二年までという規則の為

休めるのは今年まで

もっともこの一年で休めたかと聞かれれば

自信を持って休めていないと答えられる

静養とは程遠い一年であった

休む事を許してもらえなかったのだから仕方がない

しかし私は頑張ったと思う

誰も私を褒めてくれなかったけれど

必死に生きた事を認めてはもらえないけれど

頑張ったと思う

私は頑張った

また新しい一年が始まる

 

 

とは言ってもすべき事は変わらない

労働、である

まず第一に自分の生活がある

お金がなければ生活はできず死ぬしかない

第二に私には養うべき人間がいる

病人を支えることにもお金が要る

どこにも甘える余地なんてない

 

 

私の一日はとても奇妙である

朝起きる

八時から在宅の仕事なのでパソコンを開く

上司に電話をして仕事の確認をする

原稿を書いたり上司の仕事を手伝う

今では彼の補佐のような役回りになっている

仕事が終わるのが平均して夜七時頃

ここで今日も頑張ったと一息つければ良かったが

生憎私には夜の仕事がある

同伴がない日なら出勤時刻は〇時頃

出勤までの間にお風呂に入り身支度を済ませる

これが意外と大変で化粧や服選びが面倒である

全て済ませると軽食を取り薬を飲む

薬と言っても市販の咳止め錠であるし

それを八十錠あまり飲み干すのだが

別に咳が出ているわけではない

八十もの錠剤をえずきながら胃に流し込む

一時間も経たぬうちに効き目が出てくる

まずエフェドリンにより興奮状態に陥る

是を以って疲労を忘れ仕事に従事できる

体が暖かく感じられ前向きな気持ちになる

同時にコデインも効き始め鎮静作用を得る

是を以って程良い精神状態に落ち着く

とにかくこれでPTSDの症状が多少落ち着く

仕事中にフラッシュバックを起こしたのでは

何も手に着かないのだから

こうする他はない

 

ようやく出勤である

店に到着し客に着く

お酒を飲む

胃の中で錠剤とアルコールが混ざる

エフェドリンコデインとカフェインとアルコール

彼らが混ざり合う事で昼職の疲れは吹っ飛ぶ

もちろん元気の前借りでしかないのだが

夜職経験者ならわかるだろうが

時折コールや飲み曲で煽られると

否が応でもお酒を飲まなければならない

最悪なのは沢山飲んだことで訪れる限界と

薬の副作用の現れる時期が概ね一緒であること

まろやかな吐き気がずっと続く

 

朝方七時頃に私の仕事が終わる

しかし私に休む時間はない

家に帰ってすぐ仕事があるからだ

遅くとも八時過ぎには仕事に取り掛かる必要がある

既に私の体は疲弊しているが問題はない

追い薬として四十錠ほど飲むとまた元気になる

そしてまた仕事が終わり夜の仕事...と繰り返す

もちろん毎日夜職があるわけではないので

仕事が終わって夜職がない日には睡眠を確保する

大抵そういう日は残業を頼まれるのだが

 

 

 

このような「日々」はいつまで続くのか

私は最後のブログで幸せになりたいと書いたが

正直幸せとは程遠い生活だ

年が明けて早々どん底に突き落とされて

何とか耐え抜き這い上がったものだが

頑張っても頑張っても頑張っても

何も見えてこない

寧ろ失ってばかりだ

覚醒剤の原料であるエフェドリンの作用だろうか

覚醒剤常用者で歯が溶けてボロボロの人がいること

知っているだろうか

エフェドリンもまたそういう副作用があるようで

近頃歯痛が酷い

叫びたくなるような頭痛も頻回に起こる

毎日胃に大量の錠剤とアルコールを流し込む為

胃痛も日増しに激化している

慢性的な吐き気とはお友達だ

頑張っているのにどうしてなのだろう

私は身を粉にして頑張っているよ

どうして報われないのだろうって

毎日神様に聞いている

 

しかし結局は自分の問題だ

頑張るか死ぬか

それしかない

逃げ場はない

甘えは許されない

誰にも頼ってはいけない

全ての困難をひとりで乗り越えなければならない

為さなければならないことは

何があろうと為さなければならないのだから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも少しだけ

誰かに甘えてみたかった。